カービューティープロ向井日記

東京都 小平市にあるガラスコーティング、カーフィルムの専門ショップ
カービューティープロ 向井の公式ブログです。
仕事のことだけではなく、日常の出来事や私の趣味などクルマだけではなく
色々書いていきたいと思っていますので、よろしくお願いします!
<< HONDA Fit RSのラッピングが3Mのホームページに紹介されました。 | main | お休みのお知らせ >>
7年目のツヤ感を表現したくて...
0
    こんばんは!

    iPhone 5が入荷したという連絡に舞い上がる

    カービューティープロ 向井のムカイです!


    普段携帯をあまりいじるタイプではないのですけどね...

    スマホって電話というよりその他の機能の方が強いので、

    電話というよりパソコンを買うような気分ですね。


    さて、車検に出していたデモカー1号機のGTiですが無事帰ってきました!

    あ、大げさですね。


    フロントのフィルムの方もキチンと測定されたようですが、

    問題なくクリアしました。

    (数値などは伝えられず、ただオッケーですと言われるだけだそうです...)


    新車で購入して今回が3回目の車検でした。

    つまり丸7年経過したわけですが、

    新車の時からガラスコーティングをかけて平均して1年半〜2年くらいで、

    コーティングをかけ直してきました。


    自分で言うのもなんですが、

    屋根無し駐車場でボディカラーもブラックですが、

    結構いい状態を保てたと思います。


    もちろん飛び石等で細かく塗装の剥がれてしまった部分や、

    磨きではとれないキズもあります。


    もちろんコーティングしたから後は適当に

    何もしなくていいというわけではなく、

    それなりに気を遣って来たつもりです。


    ただ、気を遣うと言ってもみなさんが出来ないようなレベルのことではなく、

    なるべく洗車してあげるとか、炎天下のもとでボディに熱をもったまま洗車しないとか、

    そういったちょっとした気の遣い方なので、

    皆さんが出来ないようなことではありません。


    よくお問い合わせの際に

    ”このコーティングってどれくらい保ちますか?”とか、

    ”何年保証ですか?”

    といった質問を受けますが、

    正直使用される環境とオーナー様次第というところが大きいです。


    屋根付きの陽も雨も当たらないガレージに保管して、

    年に2、3回イベントでしか乗らないということであれば、

    それは4年でも5年経ってもキレイでしょうし、

    毎週洗車機に入れて拭き取りもしないでそのままですということであれば

    もしかすると3ヶ月も保たないかもしれません。


    駐車場に木が立っていて鳥フンや樹液が

    毎日のように垂れてくるような環境であれば

    やはり永く保たせることは難しいでしょう。


    なので私はデモカーの使用状況を元にあくまで一例として

    こういう環境でこういう扱い方だとこんな感じでしたよということしか、

    お答えできませんが、お客様の使用環境も知らずに5年保証しますよ!

    と簡単に言ってしまう方が無責任かと思っていますので、

    ○年保証します!というようなことは言えません。


    ただ、事実として私が7年間共にしたデモカーをお見せすることは可能です。

    言葉でなんだかんだ言うよりデモカーを見ていただいた方が話が早いかと思います。


    と言ってもなかなか見に来れない方も多いかと思うので、

    やはりWEB上で写真で見ていただくのが一番早いわけですが、

    そうなると写真が大事になってきますよね。


    前置きが長くなってしまいましたが、

    最近デジタル一眼レフを買ったのは少しでも写真でそれを伝えられればと思ったからです。


    しかし、私カメラは素人なのでどうやったら伝わるかを考えて、

    今回はデモカーのツヤ感を伝えるべく撮影してみました。


    ではどこを見ていただくかというと、

    やはり皆さんボンネットやルーフといった水平面が気になるかと思います。


    デモカーのルーフはラッピングしてあるので、

    おのずとボンネットということになります。


    写真の見え方を比較しやすいように同じアングルで

    まずはライティングを色々と試しました。


    まず普通に撮ってみると

    こんな感じです。


    これでツヤ感が伝わればいいのですが、

    おそらく、”あ、キレイだな”くらいにしか伝わらないかと思います。


    ここからカメラの設定を色々いじって撮ってみましたが、

    正直あまり変わらないというか、明るくすれば明るくなりますが、

    全体的に変わるので、もっとボンネットに注目してもらうことを考えた結果、

    やはり黒いボディの美しさを伝えるのには”映り込み”が一番いいのでは?

    と思いました。


    ボンネットに映り込んでいるものと言えばスポットライト...と天井ですね。

    スポットライトだと範囲も小さくわかりづらいので、

    もっと天井がキレイに映り込むようにライティングを色々と変えてみました。

    と言ってもうちはスタジオではないので使うライトは

    もちろん磨く時に使用するライトです。


    何種類かあるので位置を変え種類を変え、

    なんとなくこれが一番いいかなと思ったのがこれです。

    どうでしょう?

    最初より明らかに天井の存在が見えてきたかと思います。

    (もちろんカメラの設定も色々変えています。)


    ここから今度は逆にライトを減らしていく作業を試してみました。

    スポットライト以外にも蛍光灯や他のスポットもあるのですが、

    一つずつ消して変化を見て行きます。


    これは後ろの方のライトを消した状態です。

    これでボンネットに目がいくかと思います。


    次に真ん中のスポットも消してみます。

    スポットは明るくなりますが、光の周辺は白く飛ぶので

    ディテールがわかりづらい面もあるので。


    ではスポットは全部消すと...

    どうでしょうか?

    ボンネットがまるで鏡のように見えてきませんか?

    もちろんキズが多数入っていたらこうは見えません。


    これで最初の写真よりツヤ感が伝わればと思います。


    ライティングが決まったのでアングルを変えて、

    もっとアップで撮ってみました。

    こちらはアップなのでスポットも点けての撮影です。

    どうでしょうか?

    ツヤ感伝わりますか?


    さらにもう1ショット。

    やはり間接照明が効いているのでスポットは点いていても消していても、

    この映り込み感は出ます。


    ということはモノクロでも...

    映り込みによるツヤ感が伝わってきますか?


    さすがに写真展ではないのでモノクロは却下ですが、

    究極ライティングが決まればモノクロでもツヤ感を表現出来るような気がします。


    そんなわけでまだまだですがこのツヤ感が少しでも伝わればと思います。

    もちろんデモカーをぜひ見ていただくのが一番伝わるかと思いますので、

    ぜひ見に来て下さい。(笑)




    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

    ガラスコーティング、カーフィルムのことなら
    東京都 小平市にあるカービューティープロ 向井におまかせ下さい!

    その他、ルームクリーニング、ホイールコーティング、
    ガラスの撥水加工、エンジンルームクリーニング、ラッピング等
    どうぞご相談下さい!


    カービューティープロ 向井
    〒187-0032 東京都 小平市 小川町 2-1280 ヴェルデ小川
    TEL/FAX.042-332-1976

    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


    ブログを読んでイイネと思った方は↓クリックしていただけるとありがたいです。

    自動車 ブログランキングへ

    | カービューティープロ 向井 | ひとりごと | 18:17 | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。
       profilephoto
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE