コーティングをかけるなら専門店?ディーラー?

2019.03.04 Monday

0

    今回は車のボディーコーティングをする時に専門店とディーラーさんにお願いする場合の違いや、

    メリット・デメリット等を書いてみたいと思います。

     

     

    一般的な例として書きたいとは思っていますが、

    あくまで私の知識と経験を元に書くので、

    もしかするとちょっと施工者目線にはなってしまうかもしれませんが容赦ください。

     

     

    あとここのお店は良い悪いとかディーラーさんは良い悪いとか、そういう内容ではないので、

    あくまでそれはオーナーさんがそれぞれ決めることだとは思いますので、

    その際の参考になればと思っています。

     

     

     

     

    IMGP4952.JPG

     

     

     

    まず新車の場合です。

     

    やはり最近ではディーラーさんでコーティングをかけて納車というのは非常に多くなっていると思います。

    昔はそもそもコーティングをかけること自体広まっていない頃は、

    ディーラーさんでもそういったサービスはありませんでしたが、

    ディーラーさんで扱うようになってからコーティングのことを知らなかった人にも広まったというのはあると思います。

     

    ただ最近は”○年保証!”とか”水洗いだけでオッケー!”とか、

    あとは知らない間に見積もりに組み込まれていたりと、

    ちょっと強引にコーティングを施工させようとしている感じはします。

     

    昔は車好きの一部の人がよりこだわるためにやっていたコーティングが、

    ディーラーさんが扱うようになって今までコーティングに興味のなかった方や

    知らなかった方に広まったのは良いのですが、

    その分、”コーティングをしておけばあまり洗車をしなくてもよい”とか、

    ”コーティングをしておけば傷がつかない”とか、

    ”水で流すだけで汚れが全部落ちる”という風に

    ちょっと間違ったイメージが広まってしまった感じもします。

     

     

    実際にはコーティングの性能をちゃんと維持するためにはこまめな洗車が必要ですし、

    コーティングをしていても洗車傷や雨ジミもつくことはありますし、

    水で流すだけでは落ちない汚れもあるので傷つくリスクを減らす意味でもやはりシャンプーを使った方が良いと思います。

     

     

    ただあくまでディーラーさんは車を売ることが専門であってコーティングが専門ではないので、

    そういったマニュアルに沿って勧めてくるのかと思います。

     

     

    専門店の場合はそれぞれの塗装、色、使用環境、状態など

    もっと踏み込んだ部分も考えながらコーティングを選ぶという選択肢があるのが一般的かと思います。

    その分、”なんだか難しそう”とか”よくわからないから面倒くさそう”というようなイメージもあるかもしれません。

     

    当店ではなるべく専門用語を使わずにわかりやすく説明するようにしていますし、

    誇張した表現や押し付けるようなことはしません。

     

     

    確かにディーラーさんの場合は納車時にすでにコーティングまで終わった状態で納車になるので、

    その後別でコーティングを施工するための手間は省けます。

    専門店の場合、ご自身でお店に出向く手間と時間はかかってしまいます。

     

    ただ、年数が経った時はどうでしょう?

    最初は納車時に施工されていたのでよかったですが次は車検時?3年後?5年後?

    その点は次の”中古車・経年車”の方で書きます。

     

    値段やどういったコーティングでどういった手間で、、、というのはそれぞれ違うので、

    ここで細かくは書きませんがある程度は価格と手間は比例するような部分はあるかと思います。

     

    ただ、新車だから昨日工場から出来上がったばかりです!ということはないので、

    (特に輸入車は)車が製造されて保管されている時間というのもバラバラですし、

    保管されていた環境等でも状態が全て同じということはないわけです。

     

    在庫期間の長かった車両等はそれなりに傷んでいる場合もあります。

     

    IMGP5022.JPG

    新車でも部分的にこんな傷だらけになっている場合も、、、

     

     

    それをなるべく”新車”に近づけるのとそのキレイな状態をなるべく永く維持するために、

    行うのが新車のコーティングの意味だと思います。

     

     

     

     

     

     

    次に中古車や経年車の場合です。

     

    ディーラーさんの場合は認定中古車を買う場合や新車で買った車が数年経った時ですが、

    車の洗車傷や雨ジミは大なり小なり年数が経てばついてくると思います。

     

     

    IMGP4359.JPG

     

    そういった場合、ディーラーさんではどのように対応してくれるでしょうか?

    新車の場合と違って経年車の場合、キレイにするには更なる手間と時間がかかります。

     

    一言でコーティングと言ってもきちんと下地処理(磨きなど)を行なってコーティングをかけるのもコーティングですし、

    スプレーで吹きかけて拭き取るだけのものもコーティングといえばコーティングです。

     

    ただいずれにしろコーティングをかけるだけでは洗車傷が消えたり雨ジミがなくなるわけではありません。

    洗車傷や雨ジミを消したいなら磨くか再塗装するしかないと思います。

     

    さすがに洗車傷や雨ジミがついたから再塗装!という方はあまりいないと思うので、

    一般的には磨いて改善するということになると思います。

     

    そしてその”磨き”次第で仕上がりは大きく変わってきますし、

    一番手間がかかるのがこの”磨き”の部分になるかと思います。

     

    そして手間がかかるということは時間もかかるということです。

    時間がかかるということはその分お金もかかるというのが普通ですね。

     

     

    IMGP4380.JPG

     

    磨きを行う際に大事なのは傷がちゃんと見える環境です。

    傷が見えなければどこを磨いて良いかわからないですし、

    細かい傷が見えるライトがなければ磨き傷も見えません。

     

    そしてもちろん砂埃等が吹き込むような環境では逆に傷付けてしまう可能性があるので、

    屋根と壁で仕切られている場所が必要です。

    更にコンパウンドや水で地面も汚れるのでそういったことが出来る環境でないと出来ません。

     

    ディーラーさんでそういう環境を用意してもらって例えば二日間その場所を使うとなると、、、

    おそらくそんな場所を用意できるディーラーさんはほとんどないと思います。

     

    そうなるとやはりディーラーさんは外注にお願いするというのが一般的かと思います。

     

    もしディーラーさんで経年車のコーティングをお願いする場合、

    その施工者に会うことはありますか?

     

    私もディーラーさんのお仕事をしたことがありますが、

    おそらく施工者がお客様に会うことはありません。

     

    そうなるとお客様がどこを気にしていて、どんな環境でどんな扱いをしているか等を知る術はないのと、

    実際にお客様がどんな反応だったのか、満足されたのかを知ることもないです。

     

     

    あとディーラーさんの場合、一人が全ての車の作業をするということはまずないですから、

    毎回同じ人が作業するという確率はかなり低いと思います。

     

    そして誰が施工したというのもお客様が知ることもないので、

    次回に指名ということもないと思います。

     

    なので毎回の仕上がりのバラツキは同じ人が行うより大きいと思います。

     

    私の場合は一人で作業しているので短い時間に多くの台数を作業するのは無理ですが、

    仕上がりのバラツキは少ないと思います。(人間なので全く同じとは言いませんが)

     

     

    そういった状況を踏まえるとおそらくディーラーさんが

    経年車のコーティングを積極的に勧めてくることは少ないと思います。

     

    最初にも書いた通り、ディーラーさんは車を売るのが本業なので、

    コーティングをかけるのは本業ではありません。

     

    もし再施工が必要かどうかの判断を聞きたい場合

    ディーラーさんで判断してくれるでしょうか?

     

    傷や状態を見るライト等の道具も必要ですし、

    そもそも○年保証!と謳っていたコーティングがかかっていた場合、

    まだ○年経っていなかったら?

     

    むしろコーティングの再施工なんて触れたくない部分ではないでしょうか?

     

    施工者を呼んで判断してもらう?

    そこまでしてくれるディーラーさんはまずないでしょうね。

    そんなシチュエーションを見たことがないですし、

    施工者がそのタイミングでその場にいる確率はかなり低いです。

     

    そういった理由もあって経年車の場合は専門店にお願いする人が多いかもしれないですね。

     

    でもそれだったら最初(新車の時)も専門店にお願いしておけばよかった、、、

    なんてことはないですか?


     

    IMGP4368.JPG

     

    例えば5年保証のコーティングを新車時に施工して、

    ボディカラーが黒で屋根なし駐車場で、、、という場合、

    おそらく5年経つ前にボディが痛むことはよくあります。

     

     

    逆に5年経つ前に、あと1、2年早く再施工していればもっとキレイにできたのに、、、

    ということは多々あります。

     

    もちろんその分お金と手間はかかるかと思いますが、

    ダメになってしまった塗装を再塗装したり車を買い換えるよりは

    お金と手間はかからないと思います。

     

     

     

     

     

     

     

    あくまで私が見てきたことと思ったことなので全部が全部ということではないですし、

    全ての人にそう思いませんか?ということでもないです。

     

    ただ上記を踏まえて当店では一台一台、どうやったらキレイになるか、

    お客様が満足してくれるかを心がけながら作業しています。

     

    コーティングをかける際のお店選びの参考になればと思います。

     

     

     



    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

    ガラスコーティング、カーフィルム、ラッピングのことなら
    東京都 小平市にあるカービューティープロ 向井におまかせ下さい!

    その他、ルームクリーニング、ホイールコーティング、
    ガラスの撥水加工、エンジンルームクリーニング、ラッピング等
    どうぞご相談下さい!

    TwitterFacebookもやっています!

    カービューティープロ 向井
    http://cbp-mukai.com/
    〒187-0032 東京都 小平市 小川町 2-1280 ヴェルデ小川
    TEL/FAX.042-332-1976

    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


    ブログを読んでイイネと思った方は↓クリックしていただけるとありがたいです。

    自動車 ブログランキングへ

     

    JUGEMテーマ:車/バイク

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL